本文へスキップ

電話でのお問い合わせは
TEL.072-965-7788

セミナー一覧seminar list

※H31年4月より、セミナーの料金制度が一部変更になっております。
 詳しくはトップページのお知らせをご覧ください。


参加申し込みは info@wellness-miwa.jp までお願いいたします。
受講費のお支払いは銀行振り込みにさせて頂いております。
振り込みが困難であり、当日支払いの方は別途料金が発生いたします。 会場にて現金でお支払い下さい。

2020年2月23日 (日)    10:00 ~ 15:00
テーマ:「関節とトレーニング領域 患者さま、クライアントのニーズに応えるトレーニング指導」

 講師:狩野 桂子先生(PEPOsaka チーフトレーナー/全米アスレティックトレーナーズ協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)、 日本スポーツ協会公認アスレティックトレ)

受付時間: 09:30
料金: 6,000円 (当日支払い7,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 狩野 桂子先生(PEPOsaka チーフトレーナー/全米アスレティックトレーナーズ協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)、 日本スポーツ協会公認アスレティックトレ)
セミナー内容:

トレーニングはアスリートから高齢者まで、さまざまな層に実施されます。
競技成績向上から介護予防、ADL向上まで、多くの場面でトレーニングが必要であり、トレーニング指導は重要な技術の一つです。
今回のセミナーでは、トレーニング指導を行う上で必要な、トレーニングに関する基礎知識、解剖の理解を深めて頂きます。
更に様々な年代、バックグラウンドを持つ方々に対して、効果的なトレーニングを行うためのポイントを医療との連携も交えながらお伝えしていきます。
実技ではフィットネス施設でも実践可能な評価方法を元にしたメニューの作成、トレーニング指導を行います。

主な実施内容
・トレーニング概論
・アセスメント(身体の評価)とトレーニングメニューの組み立て方
・高齢者のトレーニング指導における注意点(疾患等を考慮したトレーニング指導)と医療機関との連携
・トレーニング実技(アセスメント体験、基本的なトレーニングメニューの確認)



2020年3月8日 (日)    10:00 ~ 16:00
テーマ:「関節とトレーニング領域 膝関節の整形外科術後の徒手療法と運動療法」

 講師:川﨑 由希先生(喜馬病院 リハビリテーション部  主任 / 認定理学療法士(運動器))

受付時間: 09:30
料金: 6,000円 (当日支払い7,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 川﨑 由希先生(喜馬病院 リハビリテーション部  主任 / 認定理学療法士(運動器))
セミナー内容:

近年の報告では下肢の整形外科患者数の4割を膝関節疾患が占めており、膝関節疾患の患者に関わる機会も多いかと思います。脛骨高原骨折や大腿骨骨幹部骨折、膝蓋骨骨折など、膝関節に関わる疾患は様々であり、これらに対する整形外科的治療も多岐に渡ります。

例えば、「同じTKAの手術をしたはずなのに可動域が良好に経過する患者とそうでない患者がいる」、「膝蓋骨骨折よりも大腿骨骨幹部骨折の方が可動域改善に難渋する」といったことは普段の臨床の中でよく経験することだと思います。これらには明確な理由があり、同じ膝関節疾患においても損傷される組織、行われた手術を理解し、治療のターゲットを明確にすることが必要です。さらに、ターゲットが明確になれば、「その部位に適切な刺激を与えることができるか」が、良好な治療成績を得る上で重要であると考えます。これを達成するために必要なのは、治療部位を手で正確に触れて刺激する徒手療法の技術と、筋収縮を活用する運動療法の併用であると私は考えております。

今回は膝関節の機能解剖や、整形外科的治療の理解を深めたうえで、何故この2つの療法が重要であるかを実際の症例提示を通してご説明します。さらに実技を多く交え、膝関節に関わる徒手療法や運動療法の展開までを、私の研究結果を踏まえてお伝えできればと思います。

(講義内容)
①膝関節の機能解剖
②整形外科的治療について(TKA,膝蓋骨骨折、大腿骨骨幹部骨折を中心に)
③実技(個々の組織への徒手療法と運動療法の使い分け)



shop info研修事業情報

ウェルネス教育研修センター

株式会社 三輪 研修事業部
〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4丁目3-39
研修会場はこちらをご覧ください。

弊社 キラリ鍼灸マッサージ院内
研修事業部事務局

TEL.072-965-7788