本文へスキップ

電話でのお問い合わせは
TEL.072-965-7788

セミナー一覧seminar list

参加申し込みは info@wellness-miwa.jp までお願いいたします。
受講費のお支払いは銀行振り込みにさせて頂いております。
振り込みが困難であり、当日支払いの方は別途料金が発生いたします。 会場にて現金でお支払い下さい。

2019年2月10日 (日)    10:00 ~ 16:30
テーマ:「要介護高齢者の排泄障害に対する評価とアプローチ ~多職種連携による排泄リハビリテーション~」

 講師:今西里佳先生(新潟医療福祉大学 リハビリテーション学部 作業療法学科)

受付時間: 09:30
料金: 8,000円 (当日支払い9,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 今西里佳先生(新潟医療福祉大学 リハビリテーション学部 作業療法学科)
セミナー内容:

要介護者の在宅復帰における最大の鍵は排泄自立と言われています.実際,多くの対象者が「お下(排泄)の世話にはなりたくない」「一人でトイレへ行きたい」と願い,一方「排泄介護はあまりしたくない」「できれば一人でトイレへ行けるようになってから帰ってきてほしい」と願う介護者が非常に多い実状があります.そのことは,医療・福祉・保健に携わる方々ならば,日々感じておられることと思います.
要介護高齢者の多くが下部尿路機能障害(排尿障害)や排便障害を抱え,尿失禁や頻尿・夜間頻尿,尿意切迫感等の下部尿路症状や排便症状を有しています.セルフケアの中で『排泄』が他の行為と異なる点は,動作を開始するきっかけに生理機能(尿・便意)が関わるところにあり,特に下部尿路症状は排泄に関連する全ての動作や福祉用具選定に大きな影響を与えます.さらに下部尿路症状は転倒・転倒骨折と関連があると報告されています.
排泄活動は,尿意(便意)・蓄尿(蓄便)・尿排出(便排出)をコントロールする下部尿路機能・排便機能と排泄場所の想起,起居移動・下衣上げ下げ等の排泄動作,福祉用具や生活環境等の環境適合で完全自立となります.つまり,転倒予防や介護負担軽減,排泄自立支援のためには,下部尿路機能・排便機能,排泄動作,福祉用具を含めた環境整備の3つの視点から評価とリハビリテーション・ケアを進める必要があります.下部尿路機能の評価には,面接および症状質問票を用いる主観的評価法と多職種で作成する排尿日誌や超音波機器を用いる客観的評価法があります.そして排尿日誌の解析をもとに下部尿路リハビリテーションの計画を立て,多職種連携で実施します.排便機能の評価も同様に主観的評価法と客観的評価法があり,特に生活記録である排便日誌をもとに,排便に対するアプローチを実施します.
今回は,対象者の排泄自立とQOL向上,転倒予防および介護者の介護負担軽減を目的として,下部尿路機能障害や排便障害の基礎から評価法,アプローチ法および多職種連携等を解説したいと思います.



2019年3月31日 (日)    10:00 ~ 16:00
テーマ:「詳細に解説!歩行に必要な筋活動とその運動学 ‐脳卒中片麻痺患者の歩行とともに‐」

 講師:鈴木俊明先生(関西医療大学大学院 研究副科長)

受付時間: 09:30
料金: 8,000円 (当日支払い9,000円 会場にて現金でお支払いください。)
※振込確認メールを受信されていない方は、当日振込領収書をご持参下さい。
会場: ウェルネス教育研修センター
講師: 鈴木俊明先生(関西医療大学大学院 研究副科長)
セミナー内容:

歩行動作はリハビリテーション職がもっとも治療にあたる動作といっても過言ではない最重要の動きです。
しかし、その歩行動作についての筋活動や運動学を詳細に説明しようとしても実は十分に理解できていない方も多いのではないでしょうか。
特に経験年数の浅い方は、なぜそのような動きになるか、なぜその筋活動が生じるかなどについての解釈は十分ではないことが多くあります。
今回のセミナーでは、筋電図や関節運動のデータを非常に多くお持ちである鈴木俊明先生に、そのデータを交えながら、歩行に必要な運動や筋活動はどのようなものであるか、またなぜそのような筋活動が生じるかについて、詳細にご教授いただきます。
実際のデータをみることで、なんとなく、ではなくより具体的で明確な理解をすることができます。
経験が浅い方でも、筋電図データ等を交えながら、理解しやすいセミナーになっております。
本セミナーは、歩行動作について詳細に知ることのできるチャンスです!



shop info研修事業情報

ウェルネス教育研修センター

株式会社 三輪 研修事業部
〒578-0941
大阪府東大阪市岩田町4丁目3-39
研修会場はこちらをご覧ください。

弊社 キラリ鍼灸マッサージ院内
研修事業部事務局

TEL.072-965-7788